認知症かな、と思ったら|京都市・宇治市の司法書士(遺言・相続手続き)|元木司法書士事務所

認知症かな、と思ったら

成年後見制度というものを検討しましょう


成年後見制度とは精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをし、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。

たとえば、一人暮らしの老人が悪質訪問販売の被害に遭う、といったことをときどき聞きますが、このような場合も成年後見制度を利用することによって被害を防ぐことができる場合があります。

また、成年後見制度は精神上の障害により判断能力が十分でない方の保護を図りつつ自己決定権の尊重、残存能力の活用、ノーマライ ゼーション(障害のある人も家庭や地域で通常の生活をすることができるような社会を作るという理念)の理念をその趣旨としています。

仮に成年後見人が選任されても日常生活に必要は範囲においては本人が自由にすることができます。




今は元気だが年を取ってきたので
これから先の生活が心配・・・



任意後見契約という制度があります


任意後見制度は、自らの意思で選んだ任意後見人に対して将来、自分が精神上の障

害により判断能力が低下した状況における自分の生活、療養看護及び財産管理に関する事務の全部または一部について代理権を付与する委任契約です。

家庭裁判所が任意後見監督人を選任したときから契約の効力が発生する特約を付したものを任意後見契約といいます。







Copyright(c) 2016 京都市・宇治市の司法書士|元木司法書士事務所 All Rights Reserved.